知られざる中世城壁都市・鎌倉
なぜ鎌倉が
日本の城郭史を見ていくとき、縄文では今のところ城と言え
るものは見つかっておらず
弥生期の環壕集落や高地性防御集
落が最も早いものとされています。
古墳時代には城はないと聞いてきましたが大和周辺と日本を
取り違えるとそうなるわけで大和朝廷が拡大する過程で九州
東国には沢山の城が造られましたし、大和の歴史に登場し
ない従って我々が学習しない
反大和側にも城があったことが
発掘の結果認識されてきているようです、また大和国中央の
何々京は城壁が土塁と築地塀になった羅城形式の城とも言わ
れます。
(右上へ)
やがて大和中央をみれば律令制度・荘園制度の一見安定
した時期から武士が発生してきて館そして城へ最終的の
戦国から近世へ行くというのが一応の流れです。
そう見ていくと交流の場である海が反面自然の堀となっ
て全くの異民族の来襲を殆ど経験しないことから世界史
的には異例の城郭が発展します、すなわち戦のとき住民
は城の外で高見の見物をしていて戦う人だけが入る城で
す。ただ例外もあります、
百済滅亡に係わってできた
野城
鬼ノ城など朝鮮式山城と元寇のときに石の石累
造った異民族襲来に備えた異例な城です。
(左中へ)
もちろん住民が籠城したり負けると住民が賠償の一環として
渡されたりしますし、北の民族が大和国によって九州に連れ
られたりはありますが
欧州・中国・朝鮮その他各国の国毎蹴
散らされる経験はないわけで、従って街毎囲まれた城は例が
少ない点が異なります。
(中右へ)
しかし幾つかの試みはありました、小田原・岩槻など後
北条氏の総構えの例があります、それに触発された秀吉
の京都の御土居
や大坂城、その延長の堀で囲まれた江戸
など、また一方的に異民族の国を攻めた文禄慶長の役の
倭城は逆に総構え的な登り石垣で守りました。(下へ)
ところが、最近言われているの鎌倉が城壁で囲まれた都市だというのです、幾つかの本も出ていますし、そういう見方から
鎌倉を(世界遺産)保存しようと言う住民運動もあるようですし、佐倉の歴史民俗博物館にもそういう模型があるというの
です、館から城に発展時期の鎌倉に何故そのようなものがというのが普通の認識です、しかし現実の鎌倉をみますと認識が
改まります、そしてそれを造った北条氏とは何者であったのか。