18.百九十六面の観世音菩薩 バイヨン寺院 アンコール・トム都城

アンコール都城と寺院の旅
 百九十六面の観世音菩薩 バイヨン寺院 アンコール・トム都城
←東門から
遠景は西部
劇の岩山
これで二つの
塔だから2×4
8面観音様→
この国で観音
様は男性とか
ちなみに日本
では中性です
バイヨンは
日本担当の
修理→
ジャヤヴァルマン7世(1181-1220?)
建立のアンコール・トムの中心寺院で
石を積み重ねた寺院なのだが、まさに
高さ45米の岩山です、しかし実は四面
観音塔の林立姿なのです、その数196
面、仏教寺院からヒンズー寺院に増築
が続き複雑化、見学では迷子に注意。
浮彫が面白い ↓森はルソーの絵か ↓船の下の水中も  ↓闘鶏  人を喰う虎↓    チェス↓     投網↓     串焼↓ 等々