06.西生浦倭城2

近世城郭の源 倭城を訪ねて
西生浦倭城2
https://plus.google.com/u/0/photos/104403803135207386325/albums/6101905336759166241/6101905432923981042?pid=6101905432923981042&oid=104403803135207386325
https://plus.google.com/u/0/photos/104403803135207386325/albums/6101905336759166241/6101905394617515106?pid=6101905394617515106&oid=104403803135207386325
上の写真は角石に縦の石が使われており旧来の石積みと思われるが、微妙な反りがある、この積み方を見れば織豊の石工が積んでいるのが理解できる。上の写真は縦の石が使われてない、そして細長い石が交互に積まれる、算木と言えるかどうか素人には難しいが。
倭城を見て、彼らが直前に攻めた小田原城の総構が影響を与えているという田中祥彦さんの説も理解できる。そして文禄期の築城と慶長期の補修の比較ができることから、その間のこの城の置かれた立場や技術の進化を知ることもできる。

全ての写真はクリックすると拡大します
西生浦倭城=ソセンポ ウエソン